雉虎白note

ポップカルチャーぐうたら

2020年ベストトラック100曲 & ベストアルバム10枚

f:id:shirokijitora:20201217223529j:plain

2020年代の幕開けはCOVID-19の影響もあり、混乱した1年だった。年明けに世界中に広がった新型コロナウイルスはあらゆる産業を破壊し、音楽業界も大きな影響を受けた。ワクチンが広まれば終息しそうというところまではたどり着いたが、すでにエンタメ業界はコロナ以前の状態に戻ることはできないんだと感じている。アメリカでは5月にジョージ・フロイドが警官に殺された事件をきっかけにBlack Lives Matter運動が数年ぶりに激化し、秋の大統領選は史上最高の投票率を記録し僅差でバイデンが勝利した。誰もがクアランティンを強いられていた中でも、社会は一歩ずつ進んでいる。

そんな2020年の年間ベストトラックと年間ベストアルバムを選んだ。ほとんど家の中にいる1年だったので、聞いた音楽の量は例年の倍以上かもしれない。しかし、アルバムを聞き込むというよりは、プレイリストを聞いている時間が長かったので、実は今年もアルバムはそんなに聞けていない。ただ、曲単位で言えば例年より遥かに多い名曲に出会えているので、満足の一年だった。それでは、ベストソング100曲と、ベストアルバム10枚です。

 

The 100 Best Tracks of 2020

f:id:shirokijitora:20201217204627j:plain<<曲名のうしろの♪♪をタップでYouTubeが開きます>>
100. Young Gun Silver Fox - Baby Girl ♪♪
99. Kenshi Yonezu - Kanden ♪♪
98. Siobhan Cotchin - Do You Know What I Mean? ♪♪
97. Whu Else - Big Brain Man ♪♪
96. Bow Anderson - Sweater ♪♪
95. SALEM - Starfall ♪♪
94. YUNGBLUD - weird! ♪♪
93. beabadoobee - Worth It ♪♪
92. Awich - Shook Shook ♪♪
91. Waxahatchee - Fire ♪♪

f:id:shirokijitora:20201217204643j:plain
90. Rina Sawayama - XS ♪♪
89. Charli XCX - forever ♪♪
88. The Weeknd - Blinding Lights ♪♪
87. Cardi B - WAP feat. Megan Thee Stallion ♪♪
86. Justin Bieber - Intentions feat. Quavo ♪♪
85. Pharrell Williams - Entrepreneur feat. JAY-Z ♪♪
84. SZA - Hit Different feat. Ty Dolla $ign ♪♪
83. Oklou - entertnmnt ♪♪
82. Roddy Ricch - The Box ♪♪
81. Phoebe Bridgers - I Know the End ♪♪

f:id:shirokijitora:20201217204659j:plain
80. Chloe x Halle - Do It ♪♪

79. Banoffee - Count On You ♪♪
78. Bad Boy Chiller Crew - Needed You ♪♪
77. Jazmine Sullivan - Lost One ♪♪
76. Khruangbin - So We Won't Forget ♪♪
75. The Killers - Dying Breed ♪♪
74. Doja Cat - Boss Bitch ♪♪
73. NOISY - I Wish I Was A… ♪♪
72. Lady Gaga - Stupid Love ♪♪
71. Celeste - Hear My Voice ♪♪

f:id:shirokijitora:20201217204713j:plain
70. Thundercat - I Love Louis Cole ♪♪
69. Yves Tumor - Gospel For A New Century ♪♪
68. Perfume Genius - On The Floor ♪♪
67. The 1975 - If You're Too Shy (Let Me Know) ♪♪
66. RMR - Rascal ♪♪
65. David Wolves - Impossible ♪♪
64. Ariana Grande - 34+35 ♪♪
63. Taylor Swift - betty ♪♪
62. Andrew Ashong & Kaidi Tatham - Washed In You ♪♪
61. The Avalanches - Running Red Lights feat. Rivers Cuomo & Pink Siifu ♪♪

f:id:shirokijitora:20201217204730j:plain
60. Lil Baby & 42 Dugg - We Paid ♪♪

59. Naeem - Stone Harbor ♪♪
58. Margaret Glaspy - Stay With Me ♪♪
57. DaBaby - Rockstar feat. Roddy Ricch ♪♪
56. Grimes - Delete Forever ♪♪
55. Aluna - I've Been Starting To Love All The Things I Hate ♪♪
54. Ruel - as long as you care ♪♪
53. cero - Fdf
52. beabadoobee - Care ♪♪
51. Adrianne Lenker - anything ♪♪

f:id:shirokijitora:20201217204742j:plain
50. Sega Bodega & Låpsley - Make U Stay ♪♪
49. The Cribs - Screaming In Suburbia ♪♪
48. Sam.Sts - Only One I Know ♪♪
47. The Avalanches - The Divine Chord feat. MGMT & Johnny Marr ♪♪
46. Phoebe Bridgers - Kyoto ♪♪
45. Tyler, The Creator - BEST INTEREST ♪♪
44. The 1975 - Tonight (I Wish I Was Your Boy) ♪♪
43. Kelly Rowland - Crazy ♪♪
42. Ariana Grande - pov ♪♪
41. Kanye West - Wash Us In The Blood feat. Travis Scott ♪♪

f:id:shirokijitora:20201217204754j:plain
40. Asher Roth - Way More Fun feat. Lil Yachty ♪♪
39. Headie One x Fred Again.. - SOLDIERS feat. Sampha ♪♪
38. Michael Christmas - Nissan Altima ♪♪
37. Disclosure, Fatoumata Diawara - Douha (Mali Mali) ♪♪
36. Davido - So Crazy feat. Lil Baby ♪♪
35. Christine and the Queens - People, I've been sad ♪♪
34. Travis Scott - FRANCHISE feat. Young Thug & M.I.A. ♪♪
33. The Weeknd - Scared To Live ♪♪
32. Fiona Apple - I Want You To Love Me ♪♪
31. Nick Hakim - QADIR ♪♪

f:id:shirokijitora:20201217204811j:plain
30. PawPaw Rod - HIT EM WHERE IT HURTS ♪♪

29. Celeste - I Can See The Change ♪♪
28. JPEGMAFIA - BALD! ♪♪
27. J Hus - Play Play feat. Burna Boy ♪♪
26. The Killers - Caution ♪♪
25. Megan Thee Stallion - Savage Remix feat. Beyoncé ♪♪
24. Fireboy DML - New York City Girl ♪♪
23. Playboi Carti - @ MEH ♪♪
22. Mac Miller - Good News ♪♪
21. Haim - Don't Wanna ♪♪

f:id:shirokijitora:20201217204824j:plain
20. Childish Gambino - 53.49 ♪♪

19. WizTheMc - WhoWho ♪♪
18. Bartees Strange - Boomer ♪♪
17. Brent Faiyaz - Clouded ♪♪
16. Fabiana Palladino - Waiting ♪♪
15. NoMBe - Heels ♪♪
14. The 1975 - Guys ♪♪
13. Widowspeak - Plum ♪♪
12. Arizona Zervas - 24 ♪♪
11. Waxahatchee - Lilacs ♪♪

f:id:shirokijitora:20201217204834j:plain
10. 070 Shake - Guilty Conscience ♪♪

9. BTS - Dynamite ♪♪
8. Tame Impala - On Track ♪♪
7. J Hus - Love, Peace and Prosperity ♪♪
6. Lil Uzi Vert - That Way ♪♪
5. Fireboy DML - Favourite Song ♪♪
4. Dinner Party (Terrace Martin, Robert Glasper, 9th Wonder, Kamasi Washington) - Freeze Tag feat. Phoelix ♪♪
3. Davido - Very Special ♪♪
2. Bon Iver - AUATC ♪♪
1. Haim - The Steps ♪♪ 

 

The 10 Best Albums of 2020

f:id:shirokijitora:20201217204442j:plain10. Waxahatchee - Saint Cloud ♪♪ 
9. Phoebe Bridgers - Punisher ♪♪ 
8. Mac Miller - Circles ♪♪ 
7. Childish Gambino - 3.15.20 ♪♪ 
6. The 1975 - Notes on a Conditional Form ♪♪ 
5. Tame Impala - The Slow Rush ♪♪ 
4. Fireboy DML - Apollo ♪♪ 
3. Davido - A Better Time ♪♪ 
2. Fiona Apple - Fetch The Bolt Cutters ♪♪ 
1. Haim - Women In Music Pt. III ♪♪ 

 

2020 in Music

選んだ曲はすべてポップミュージックとして聴いていたもの。例外なくキャッチーで耳に残るラインがあると思う。音楽的な面白さやグルーヴの心地良さを兼ね備えている曲がほとんどだが、コードとメロディの力で押し切っている曲もいくつかあった。

ジャンルは例年通り、インディーロック、ラップ、ポップが中心。アメリカの作品が圧倒的に多いが、前年よりは多様性のある選曲ができた。

今年もインディーロックの主流が女性だったことは象徴的だ。HAIMを筆頭に、Phoebe BridgersやWaxahatcheeらが確固たる地位を築くことに成功し、もう以前のような男性主体のジャンルに戻ってしまうことは考えられない。

Cardi B、Megan Thee Stallion、Ariana Grandeらが女性の性的解放をハツラツと歌い上げたことも大きな流れの一つだろう。そしてフェミニズム的な文脈で言えば、誰も声を上げない時代から独り闘い続けてきたFiona Appleが、ここで歴史的名盤を送り出したのも2020年代の幕開けに相応しかったように思う。

ヒップホップは個人的にラップへの興味が数年ぶりに復活したこともあって、昨年より多めの選曲になった。昨年のDaBabyの登場以降、トラップのリズムやフローのパターンがまた進化し、ボーカル処理やサウンドプロダクションが多様化したことに面白みを感じている。

Lil Babyのようなマンブルラップを通過した上手いラッパーが次々登場しているのも注目で、クラシック・ヒップホップ世代のスタイルが徐々に再評価される流れがあるように思う。分断しがちだった旧世代と新世代のラップシーンだが、何か面白い変化が起こることを期待している。

一方、ポップは一部のアーティストを除き、実に面白くないことになっている。昔のようなひどい出来の曲を聞くことは無くなったが、65点くらいの悪くはないが凄く良いとも言えない、似たような曲が大量生産されている。

これはクロスジャンルという名の均一化が進むと同時に、ストリーミングを攻略する音楽業界の勝ちパターンが、メインストリームからベッドルームシンガーにまで浸透したせいだろう。もしかしたらNeutronやOzoneなどのAIミックス・マスタリングの一般化や、Spliceなどのサブスクリプション型のサンプルマーケットが拡大した影響もあるのかもしれない。

このサウンドの同質化はポップだけに留まらずあらゆるジャンルに広がっている。決して質が低いわけではないため、TOP 40に良い曲が一つも見当たらないという時代に比べれば幸せだろうが、これはこれで不健康だなと感じてしまう。そんな中でもポップの領域を拡大しようとする、Ariana Grande、Beyonce、Charli XCX、Grimes、Rina Sawayamaのような才能に敬意を表したい。

最後に個人的な話をすると、アフロビーツやラテントラップ、それらと共鳴するUKシーンへの興味が加速した1年だった。これはコロナ禍で精神的にキツかったのもあって、暗い曲を聞きたくなかったせいもある。

ラテントラップは世界的に人気ジャンルとして定着した印象だが、アフロビーツもおそらくこの先数年で同じ状況になるはず。しかもサウンド的にまだまだ進化する気配があるので、今からとても楽しみにしている。

2020年は誰にとってもキツい年だったと思うので、来年は良い年になるように願っています。そして良い音楽がたくさん聞けるといいな。映画も観たいし、ライブも行きたいよ。

 

2020年の日本語(邦楽)ベストトラック&アルバムはこちら

↓2019年の総合(洋楽)ベストトラック&アルバムはこちら